ハゲを治すぞブログ

育毛ブログはじめの頭髪写真

今の自分の薄毛の状態を撮影しておく(第1期まとめ)

はじまりの写真撮影(2012年2月14日)

写真を撮ってみると、やはり、ハゲているのは一目瞭然である。

これでOK、OKとはとても思えない。やはり何らかの対策が必要だろうと思う。

CIMG0555

CIMG0554

CIMG0559

これからの対策を考えよう。

まず、過去の薄毛対策を整理する(2012年2月18日)

まず、いつごろにどんなことを行っていたか・・・・

  • 育毛トニック(2003年ごろ)
  • ゼネラチオン処方(2004年ごろ 半年ほど美容院に通院 1回14,000円ぐらいかかる)
  • シャンプー:美容院で勧められたシャンプーで名前は不明(2006年 1年ぐらい)
  • 発毛剤(2009年 発毛剤の中で比較的安いものを、いくつか試す。名前も覚えていない)
  • シャンプー:スカルプD(2010~2011年の1年半ほど)
  • シャンプー:石鹸シャンプー(2012年現在 1か月経過)

薄毛を気にして、いろいろ試してはいるものの、まず成果が出ていないと言っていい。この中で、比較的、対策を行えたと言えるのは、「ゼネラチオン処方」と、「スカルプD」のところ。スカルプDは、1年半~2年ぐらいは行っていた。

当時のこれらの行動も、抑制ぐらいにはなっていたように思う。スカルプDの値段も、6個まとめ買いすると、1個あたり4000円ぐらいで、それで3~4ヶ月もつので、そこまでバカ高いという印象は受けなかった。

で、このスカルプDが、なぜかすごい爽快感があるので、(そういう成分が入ってる)続けるうちに、あー発毛・育毛してるなぁと感じてしまっていた。マッサージはきちんと行うようにと、うるさいのでマメにするようになるし、食生活、睡眠などにも気をつけるようになる。皆からの評判は、いまいちよくないのだが、そのマッサージや、食生活などの意識改革によって、髪の状態が少しよくなったという人がちらほら、いるんじゃないかと推測できる。

コンディショナーは、発毛にはたぶん関係ないように思う。だから、スカルプDをもう一度、買うのは、どうなんだろう?正直、わからない。

もうひとつの有力な対策が、ゼネラチオン処方である。また、のちに詳しく書くが、これは、特定の美容院で、ゼネラチオンカットというカットをしてもらうことで、頭皮に刺激を与え、発毛・育毛を促すという手法である
私が行っていた時は、1回、14,000円ほどかかっていた。正直、高すぎて、はじめはかなりの勇気がいった・・・。

ゼネラチオンカットの効果

だが、初日にこのゼネラチオンカットを行ってもらって、翌日、肩こりが完全になくなっていたという・・・・まるで、身体がリセットされたかのような、今まで感じたことのないような感覚を味わったことは忘れていない。そして、それ以降、そんな感覚になったことは、2度と起こっていない。この肩こりがなくなる(肩こり解消と一応言っておく)というのは、血行をよくして、血のめぐりをよくした結果なのではないかと思う。

ゼネラチオンカットは、特殊なカットで、通常のカットでは、得られないような刺激を髪から送りこみ、頭皮に刺激を与える。つまり、細胞を活性化させるといった方がいいのか。

髪でわかるあなたの健康
「髪でわかるあなたの健康」 森千鶴子

この本に、ゼネラチオンカットの概要が書かれてある。基本は、食と睡眠をきちんと取ることが大前提となる。特にカウンセリングを受けた時は、味噌と醤油はいいものを買いなさい。そして、朝はパンでもごはんでもいいから、味噌汁を飲みなさいと言われた。このことから、髪には大豆からの栄養がとても重要なんだということを知った

で、成果がどうだったんだという話なんだが、さすがにその時は、今ほどハゲが進行していなかったことと、もうひとつ、通っていた美容院のおっちゃんが亡くなってしまったことが原因で、通えなくなり、半年で終わってしまい、成果のほどは、よくわからない。ほんとに、そのおっちゃん、50前後だったろうに、その時はショックだった。。。。

対策に悩む・・・(2012年2月19日)

石鹸シャンプーでハゲ対策・・・・弱いだろうなぁ。知りあいが勧めてくれて、まあやってみるかと、試したものの、すぐにはわからない。

人は何かを試すと、それがどうだったのか、結果をすぐに知りたがる。自分もそうだ(笑)。そういう意味では、スカルプDは、あの爽快感から、あぁ育毛しているなぁと感じてしまう訳だが、だからといって、育毛成果と爽快感は無関係である。やはりきちんとABテストを行って、どの対策がいいのか悪いのかを、きちんと把握していく必要がある。いかに低コストでというのが条件だが。

発毛・育毛に関しては、財力があれば、なんとでもなるだろうというのが持論としてある。手っ取り早いのが、「リアップ」などの高額な発毛剤を試すこと。または病院(AGA)に行って、十中八九、投薬を勧められるがそれを行うことだ。ただ、金額もさることながら、副作用が自分は怖い。肌が生まれつき強くなく、薬を服用するにつけて、その副作用はどれほどのものかを気にしてしまう。

そして、単発の金額は大した額ではないにしても、この手の処方は、根本治療ではないので、継続しなければ、元の木阿弥である。つまり、途中で金欠で頓挫するぐらいなら、はじめからやらない方がマシだろうということだ

だからなのか、飲み薬系、高額の発毛剤には、なかなか手が出せない。特に薬は飲むのが、最も身体への吸収がよいはずだから、効果も高いはず。ちょっと、そのへんをもうちょっと調査してみるか。。。で、今の自分の発毛対策はというと、そんな訳で、特にやってないということになる。やっぱり問題だな、ブログまで立ち上げといて「何もやってません」というのは・・・。

薄毛対策、進むべき3つの道(2012年2月23日)

薄毛対策の方向性をはっきりさせたい。自分の勘だが、石鹸シャンプーは効果がないだろうと思う。よって、3つの道を考えてみる。

ゼネラチオンカット

1つは、ゼネラチオン処方を受けること。はじめに18万円ぐらい払って、月14,000前後かな、それぐらいかけて、ゼネラチオン処方でがんばっていく。いや~でも高い。払えなくはないが、かなり余裕があってから、やりたい。でもそうこう言っているうちに40代に突入するし、難しいところだ。

病院へ行く

もうひとつは、病院に行って、AGA治療を受ける。これが、一番確かな気がするが、高いのだ。これを選択するということは投薬を勧められるので、副作用の問題は避けては通れない。医師がいようがいまいが、そんなことは関係ない。

スカルプD

3つ目は、やはり安価に、スカルプDシャンプーで、コツコツやっていく方法。値段で言ったら、圧倒的に安い。だってシャンプーは必ずいるし、これ1本でかなりもつので、普通のシャンプーよりちょっと高いってぐらいなんだよな。でも、なんかあんまり効果ないよという声も聞くが、自分が2年近く試した感想は、とりあえず、薄毛の進行は抑えられていたような気がする。マッサージしやすいヌルヌル感もあって、やっぱりよかったのかと個人的には思っている。

やっぱり3か。1年やってみて、薄毛の進行を止められないなと判断すれば、病院に行くか・・・。

スカルプDで育毛促進(2012年3月3日)

スカルプDを以前は、6本とかまとめて買いすぎなぐらい買ってたが、いちお、家族のお許しも出たし、ネットから注文する。2~3本ならよいか。よし、がんばるぜ。スカルプDに頼るだけでなく、頭皮マッサージ、よい大豆を摂取する。そして夜、早い時間に睡眠に入る。これらで髪の発毛・育毛促進だ!

ついにフィンペシアを注文(2012年3月5日)

スカルプDの口コミでよく目につくのは、単独での使用での効果はさほど認められないというもの。宮迫ら芸能人の育毛成果にも、スカルプDの使用だけではないと明記されており、他の育毛商品との併用がうかがえる。

その併用商品として、よく耳にするのが『プロペシア』だ。発毛・育毛に興味のある人なら、今さら、言わずもがななんだが。AGA治療で病院に行って、たぶん勧められるものだろう。ただ、高いんだよな。短期間のみの使用なら、別にどうということはないかもしれないが、ハゲの治療ということになると、やはり服用を止めると、その効果は次第になくなっていく。だから、半永久的に使用できるな価格でないとダメだということだ。

もうひとつ、副作用に対してリスクを背負えるかということ。副作用はいくつかあるが、有力なのは精力減退。幸い自分は、子供を2人もうけたあとだからいいが、これから子作りにと言う人には、不安材料にならないだろうか?でも、やっぱり自分も不安なんだが・・・・。おねーちゃんに興味がなくなるかも知れないというのは、子作り云々の前にやっぱり抵抗があるよなぁ。

でも、怖いもの知らずな自分は、やっぱり買っちゃいましたーーーーーーーーーー!!!(笑)

フィンペシア300錠。個人輸入です。アイドラッグストアとか、なんとかいうところで。まぁ試してなんぼ。シャンプーは予定通り、スカルプDでいこうかな。大豆成分が含まれているというのは、やはりいいと思うんだよね。それに、あのシャンプーのぬめり感と爽快感は、うまく作られてると思う。発毛・育毛の観点ではなしに、ふつーにいいシャンプーだと思う。

ついにフィンペシアをGET!(2012年3月14日)

効用を見ると、半年は特に変化がないとか。半年~1年ぐらいで、何らかの変化が表れるそうで、かなり楽しみ。まぁあまり食生活や就寝のリズムを変えないように、気をつけないといかん。

錠剤はたくさんあるから、1年近くは安泰かな。その効用が確認できたら、もっと購入するつもりだが、果たして、効果があるかなぁ。それと副作用だな。これはあまり気にしすぎてもしょうがないが・・・。このフィンペシア投入時点の写真も撮った。どう変わるのか?判別するために、髪型も大きくは変えにくいな。。。

フィンペシアを飲み続けて5カ月半(2012年8月17日)

もう、そろそろ薬の効果が表れてもいい6カ月が経ちそうなところまで、きたのだが、頭皮を見ると、そんなに変ったようには見えない。写真もマメに撮れてなかったけど、う~ん、この薬ちゃんと効いてるのか、だんだん疑わしくなってきたぞ

だが、薄毛対策は、1に根気、2に根気。簡単に挫けてはいけない。続けることに意義がある!

ただ、フィンペシアだけでも、弱い気はしている。当然、日々の生活が規則正しく行われていることも前提になるし、ここ2~3ヶ月は、ストレスも多く、このブログを中止していたのも、特定のストレスにより、余裕がなかったからだ。それも改善されつつあるが、やはり、ここでスカルプDを再度、購入しようかと思う。お小遣いが入ったら、そのお金で、3つぐらい買おう。よし!

写真撮影の記録(2012年11月22日)

11月11日

DSC_0881
DSC_0883

11月22日

CIMG0870
CIMG0868

フィンペシアの薬を続けて1年半経過(2013年8月23日)

気づけば、フィンペシアの薬を使い続けて、もう1年半は経つかな。
どうなんだろう、成果は上がっているのだろうか・・・?
そもそも薬が怪しいのか。効いてるが、自分でわかっていないだけなのか。
薄毛を克服するって、そのへんがほんとによくわからない。
写真をきっちり取って、自分なりに真剣に何が効いて、何が効いていないかをきちんと追求していかないと、どうしようもないということだけは、はっきりしている。

そして、久々に新アイテム。その名も、FGF-7を使用したバイオヘアソープというシャンプー。このFGFとか、EGFとかいうものが、高価格な要因となっているのだが、エイジング効果があるんだよな。

これもやはり続けていかないと、効果は薄いんだろうけど、協会から認定を受けているとかで、いろいろ金がかかっている模様。

ま、試してみましょ。しばらくは、フィンペシア+バイオヘアソープでいこう。直接育毛に効果があるというよりは、髪を強く、いきいきとさせるものだと、今のところ認識している。おおざっぱだけど。

再び写真撮影の記録(2013年8月29日)

IMG_1560

IMG_1554
自分撮りではピントがずれたり、適正な範囲で写っていないことがある。なので、別の人にちゃんと写真を撮ってもらった(笑)。

自分の頭皮をまじまじと見るのは抵抗があるが、見てみると、やはり、前方と頂上あたりが薄いことがわかる。後頭部は、そこまで心配はいらないように思う。くせ毛なので、薄くなってきていることがわかりづらくさせているような気がする。ということは、実際にはもっとハゲてるってことか?

バイオヘアソープも、毎日使っているが、あまりせこく使うと効果がわかりにくいので、2回に分けて、シャンプーしている。1回目には多めで、全体をよく泡立てるようにして、2回目は1回目の半分程度でも、よく浸透する。スカルプDのシャンプーのやり方と同じようにしているが、こういうのも、これでいいかが確信がもてないなぁ。

でも、2年前に比べると、ちょっとハゲ具合は、回復してる??なんかそんな感じがするが、今度ちゃんと写真比較をしてみよう。

シャンプーの比較(2014年2月17日)

フィンペシアは2年ほど、飲み続けたものの、どうもよくわからない。確かに髪の毛は減ってはないと言われるけど、増えたとも思えない。時々、気を遣って、増えた増えたというやつがいるが、かえって迷惑。真実が見えにくくなる・・・・ま、そういう人たちに悪気はないんだろうけど。

だから、フィンペシアをとりあえず卒業!性力減退リスクもあるかもだし。対策を変えることで何か変化が起これば、今までの行動が正しかったのかどうか、わかるかも知れないし。

そして、今、自分の中で熱いのが、バイオヘアソープと、洗髪石鹸。バイオヘアソープは、FGF-7ってのが入ってるから、こんなに高いんだけど、効果はあるらしい。そのかわり、コストパフォーマンスが気になるところ。実際のところはまだ不明なので比較してみよう!そして、その対抗馬として洗髪石鹸。黒い!

images_touhi

index

頭皮中心主義というんだが、石鹸だからやたら泡立つ。まじすごい。そして、終わったあとのもっこり感がすごいんだけど。いや~やっすいけど、これすごいんじゃ?

調子こいて、石鹸10個買ってしまったので、たっぷり調査できます(笑)。問題はバイオへソープだな。こいつも、意外と、もちはいいんだけど、使用感で損してる。洗い心地は、ほんとにスム~ジィで匂いも悪くないんだが、爽快感がなくて、続けないとわからない。この商品が、見た目や使用感には凝っていない、中身で勝負する商品と見てとれるから期待値は大きいんだけど。

ちなみに、バイオヘアサプリという、育毛トリートメントも試してみた。個人的には、使い終わりになると、中身が出づらくなり、苦労するのが難点。バイオヘアソープより、10分ぐらい適当に放置してから洗い流すバイオヘアサプリの方が効きそうな気がするんだが・・・・

フィナステリド(※)を再開(2014年5月18日)

ついにフィンペシアを注文
フィンペシア(※)卒業を撤回して、再び、フィンペシアを再開した。一度やめたのだが、どうも不安になり、やっぱりもう少し続けていた方がいいんじゃないか・・・と思ったのである。
3カ月ぐらいの小休止があったものの、これまでトータルでは、フィンペシアを2年ぐらい続けている。現在はすごい満足感まではいかないが、やはり薄毛の進行を留めるという意味では成果を感じつつある。

フィンペシアはいつも昼頃に飲んでいる。時間はいつでも良いと書いてあったので。ただ、今日に関しては、抜け毛が多いな。弱ってる感じの。見た目は特に変わらないので、気にしすぎか。。。

新たに薬用育毛剤を試す

リターミナル
新たに薬用育毛剤「リターミナル」を使用している。こちらは実はもう3ヶ月ぐらい経つのだが、まだ1本なくならない。そんなにちょびちょび使っているつもりはないのだが、もちが良すぎる。さすがにもう少し1回あたりの使用量を増やした方が良さそうだ。

ただ、肝心の育毛の成果がどれほどかというと、そこまで改善されているように思えない気もする。前の生え際の薄さが目立たなくなってきているように思うが、それは、髪がしっかりとピンと立ってきているからだろうか。

石鹸シャンプーについて


シャンプーについては、今現在は流動的だが、今は石鹸シャンプーを使用している。
まず、このシャンプーは石鹸タイプなので、泡立ちがすごくいい。ただ、髪通りは悪くなるので、女性には不向き。男性でもミドル以上の長さの人は、やめた方がいいと思う。自分は髪が短いので、この点は問題なし。肝心の育毛効果だが、4~5カ月経ったぐらいだが、効果は不明だ。

芸能人の育毛成功例からわかること(2014年6月14日)

今日は薄毛を治療するために何をすればいいのか、現在わかっていることを整理してみようと思う。

まず、1つの成功例として、雨上がり決死隊の宮迫がプロペシアとスカルプDを使って、若ハゲを克服している。宮迫の件は注目していたので知っているが、確かにこの企画前の頭髪を見るとハゲは進行していた(もしかしたらその時点でなんか騙されていたのかも知れないがww)。一般の人と違って、お金をいくらでもかけられるので、そりゃハゲは治って当たりまえ。もし、宮迫が治らなかったら、それこそ、ハゲは自分で治すことはできないのか!?という風評がもっと起こっていてもおかしくないぐらいだ。

ブラマヨの小杉がスカルプDのメンバーに選ばれたけど、半年ぐらいで脱落したというのは、おそらく彼は焼肉大好きで、私生活にもかなり問題があっただろうから、これはリスクがあるとアンファー側が判断したのだろう。

たぶん、小杉がもっとまともな生活をしていれば、そのハゲもかなり改善したに違いない。最もそれはスカルプDの力じゃないんだけど

と、他人の成功例と、自分の経験から・・・

有効と思える3つの柱

フィナステリドの服用

フィナステリドの薬が薄毛に有効であることは間違いない。別にこれは私の一意見などではなく、世界の共通認識としてあることだ。

プロペシアか、フィンペシアの薬を使用するのが良い。フィンペシアは、プロペシアのジェネリック薬品だが、ジェネリック薬品というのは、オリジナルと全く同一ではないけれど、製薬会社の許諾を得て、世に出回る薬である。だから安心して使用して構わない。

ただでさえ、治療費が高くつく(AGA治療でも保険は効かない)のだから、薄毛治療の薬として、プロペシアかフィンペシアで悩んだ時、フィンペシアを選ばないという選択肢はないように思う。ただ、薬には違いないので、副作用のリスクは必ず頭に入れておく必要がある
私もこの副作用の点で、フィナステリドの継続が揺れているのだから。

育毛剤・頭皮用美容液

フィナステリドの服用は、薄毛の進行を抑える「守」の意味合いが強く、本来なら「功」の役割を担う方法が別にほしいところだ。
今、私はリターミナルという育毛剤を使用しているが、決め手にはかけそうな感じであり、有効な育毛剤、頭皮用美容液は現時点ではわからない。

スカルプDの影響から、シャンプーで育毛したい!という人がとても増えてきている感じがするのだが、シャンプーだけで育毛は成り立たない。

これはシャンプー業界のうまいところで、シャンプーを利用している芸能人がどんどん育毛が進んでいるイメージを世間一般に浸透させることで、「シャンプーで育毛が叶う」ように見せているだけだ。実際に、スカルプDの芸能人の活動について明記している文章内には必ず、スカルプDだけでなく、他に服用している薬がある、あるいはそれを匂わせるような明記がある。なので、シャンプーはあくまで補助として活用すべきである。

それでも、シャンプーがいいという人には、FGF-7が配合された「バイオヘアソープ」を推したい。ただ、シャンプーなので、洗い流される分、いかに良い成分が入っていても、洗い流されてしまう分、育毛剤や頭皮美容液の方が本当は良い

規則正しい生活を送る

仕事が忙しく、いつも帰ってくるのは終電なんだ・・・そんな人には難しいかも知れないが、規則正しい生活を送ろうとする意識は不可欠である。特に睡眠。夜更かしばかりしていれば、いくら、よい薬・よい育毛剤を使っていても、全く無駄となってしまう可能性が高い。

その他の薄毛対策の方法

ゼネラチオン処法

本当はゼネラチオンカットを常に続けられると、一番いいように思うが、実はかなりお金がかかかる。
カット代で1回15,000円、アタックが7,000円ぐらい。うろ覚えなので、金額は確かでない。でもたいたいこれぐらいで、1ヶ月に1回ペースで、このカット+アタックを受けた方がいいとされる。

でも、自分は若い頃、お金がなかったので、カットのみでしばらく続けていた。そして初期費用として、20万円近くサプリメントを購入する必要がある。この初期費用がちょっとネックなんだよなぁ。

でも、「髪でわかるあなたの健康の本」で書いてあることは、ほぼ真実であろうと思う。

植毛なんてもってのほかだし、かつらや帽子も解決策とは呼べない。この本を全て読み、かつゼネラチオンカットを経験すれば、「髪でその人の健康の全てがわかる」という言葉の意味がわかるかも知れない。

ヘアブラシでマメに髪をとく

または、ブラシでとんとんとんと頭を叩いて刺激を与える。ブラシも選ぶ必要がある。前に先が柔らかい丸いものだと、あんまり刺激がなく、いいのか悪いのか、さっぱりわからない。私が今使っているのは、動物の猪や豚などのブラシなので、そのへんは大丈夫だろう。

関連記事

  1. イーポレーション・スカルプミニ登場

    満を持して、イーポレーション・スカルプミニ登場(第2期まとめ)

  2. 第3期ブログのはじめ

    FGF-7を3ヶ月、毎日2μg導入 – (第3期まとめ)

  3. M字はげに挑む(第4期まとめ)

  4. 生活改善+FGF7+リターミナル

    生活改善+リターミナル+FGF-7(第6期)

  5. 生え際、気にして悪いのかーー

    シャンプーをやめてみる(第5期まとめ)

  6. フィナステリド+豆腐+トウガラシ生活

    新たに「フィンペシア服用+豆腐&トウガラシ」生活を始める(第7期)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP

ハゲを治すぞブログ

FGF-7を3ヶ月、毎日2μg導入 – (第3期まとめ)

第3期ブログのはじめ

薄毛・抜け毛に良い食品

毛髪に良い食品として、味噌としょうゆを外してはいけない

育毛・発毛に関する本

「育毛物語 – 実録潜入ルポ」を読んだ感想

ハゲを治すぞブログ

満を持して、イーポレーション・スカルプミニ登場(第2期まとめ)

イーポレーション・スカルプミニ登場

ハゲを治すぞブログ

今の自分の薄毛の状態を撮影しておく(第1期まとめ)

育毛ブログはじめの頭髪写真