ハゲを治すぞブログ

M字はげに挑む(第4期まとめ)

2016年は、なんとか成果を残したい。特にベジータのようなM字はげをなんとかしたい。。。

昨年は、結構がんばって育毛に励んだけれども、自分が納得いくような結果は残せなかった。まぁはじめから、そんなに簡単にいくとは思っていないけれども・・・・

しかし、自分が最難関と思う生え際で、全く生えていないところに生えてきたことは、わずかながら確認できたので、そこは自分のモチベーションの拠り所になっている。

それがなかったら、もうブログの更新すらしていなかったかも知れない。と、育毛ブログは、本当に本人のモチベーションが死ぬほど大事であることを今も身をもって痛感している。

もう、てっぺんなんて、またハゲてもいいから(オイっ!)、とにかく生え際と言わんばかりの勢いである。

ただ、正月あたりは、きちんと写真撮影できていないものの、気をゆるめて、夜更かしモードが少し進むと、心なしか生え際の薄いところは、さらに薄くなっている気がする。

えっどういうこと?

生えてきているところもあるのに、逆に薄毛が進行しているところもあるっていうこと?

う~~ん、自分でも不可解だな。

プラスとマイナスが同居する。こんなことがありえるのか・・・・ただ、今の自分のやり方は、ピンポイント型の育毛ケアをメインとして、サブで育毛シャンプーや、薬用育毛剤で全体をカバーするという手法になっているため、
ピンポイント型の焦点が、あまりに極端な生え際ばかりを集中攻撃していると、ノーマークだった危険地帯が薄くなることは、考えられなくはない。

まぁ妄想も入っているかも知れないので、仕切りなおしである。

また、今週末、ちゃんと写真を撮ってから、現状を認識しよう。それから、今年の育毛ケアは始まる。
育毛ブログとしては、第4期になるのかな?毎回リセットするのもどうかと思うんだが、自分のモチベーを上げるには、リセットせざるを得ないので、そこはちょっと大目に見てほしい。
本人が、これだったらいけそう!と思えるように、あの手この手でやっても苦戦しまくりなんで。

【今の育毛ケア】

・イーポレーション・スカルプで、FGF-7配合のバイオスカルプエッセンス60mLを、使って、発毛促進因子(FGF-7)を頭皮の奥へ浸透させる。
 年末までは、1日2μg使用することを守っていたが、現在は、2μも使っていない。量の問題より、イーポレーション・スカルプを使うのが、週2回ぐらいになり、ややズボラになっている。

・育毛シャンプーは、バイオヘアソープを使っている。年末に2本買って、今、1本目の2/3ほど使ったから、あと3ヶ月は、なくなる心配はしなくていい。

・育毛剤に、臨時で薬用育毛剤「リターミナル」を朝だけ、使っている。昔使っていた残りがあったから、使っているだけ。でも、髪全体に惜しみなく使えるから、FGF-7ケアの補助としてはいいのかも知れない。出がやや悪いから、ガンガン使える。

第4期12日目

おっ、やる気を見せてから、もう12日も経ってる。と日が経つのが早すぎるなぁと感じるがしかし!いくつ近況の変化があるので、報告します。

まず、「バイオスカルプエッセンス」の使い方を、説明書を見て忠実に行うようにした。
このFGF-7という成分は、基本、開封したら冷蔵庫に入れて保管しないといけない。それは知ってはいたものの、面倒くさいんだよね。と今まで冷蔵庫に入れて保管なんてしたことがなかった。
だが、ちょっと予想以上に難題のM字克服には、そこきっちりしておかないとやばいな感が、日増しに増えていき、きっちりすることにした。

で、手順としては、まず、バイオスカルプエッセンス60mLを開封したあと、スポイドで別に入っている10mL?ぐらいの小さい容器に何ミリか入れる。10mLじゃなくてもいいだろう、そこは自分判断で。
スポイドで7~10回ぐらい往復する。
そして、小さい容器を閉じてから、バイオスカルプエッセンス本体は、冷蔵庫へ保管。

実際に使うときは、小さい容器でじかに頭皮にあてるようにブチューっと使う。これが出がすごくいいので、おおっ~~~頭皮にいきわって良いよぅ。という感じ。
でも、結構、量がばっと減るから、チミチミいきたい人は、量を確認しながら使うといい。
1週間ぐらいで使い切るなら、この小さい容器までは、冷蔵庫いれなくていいでしょ。冬だし。夏ならこの小さい容器も保存した方がいいかもしれんけど。

IMG_20160122_212137

で、鮮度を保つ点については、かなり良くなると思う。しかも、バイオスカルプエッセンスのラベルがなにげに新しくなっているので、なんか一新したのかな?
成分を見る限りは特に変化はない様子。

41sfIoB933L

それから、もう1つ、年末、ちょくちょく使っていた「薬用育毛剤リターミナル」が、なんか良かったような気がするので、バイオスカルプエッセンスを使わない日は、こちらで補助的に使おうと思い、購入。
今のところ、効果は不明だが、副作用の心配がまずないので使いやすい。

第4期20日目

突然だが、朝食を1週間抜いてみることにした。
これは「最後に読む育毛の本」の内容のひとつに、腸内の腐敗した毒素だったかな?そういうのを一時、リセットするために行うと良いとあった。
断食ではなく、朝食をしばらく抜くだけである。

育毛と関係あんの?と思われるかも知れないが、そもそも毛が薄くなるということは、体の不調により、頭髪などの末端の細胞に血液、栄養が送られてこなくなることから、
髪の毛のサイクルが狂いだす、まぁそんな感じ。語弊はあるかもしれないが、大筋は違わない。
しかも私は、朝食に牛乳や卵を食すと、十中八九、下痢をする。これもおかしなことだ。
もう7~8年そうなのだが、これも胃腸に何か問題があると考える方がふつうだ。
他の身体はいたって健康なのに・・・・

軽く調べてみて、以下のようなサイトもあったし、まぁ情報の後押しとして、付け加えておきます。全く知らん人です。そんないい情報なのかも不明だが、なんとなく自分と近い考えのような気がする。
薬屋のおやじのボヤキ

ちなみに、「朝食抜き 腐敗」とかで検索すると、朝食抜くと、口臭くさくなるとか、余計、毒素がたまるとか、全く逆のこと書いてあるページもあるな。う~ん、どっちが正しいんだ!?まぁでも1日やったし、続けてみるかな。

どうしても、朝食抜きが、しんどいなら、バナナかゆでたまごはOKとあった。
今日は初日なので、バナナぐらいは食べたけど、結構しんどい。水はOKだろうから、水ばっかり飲んでるよ。
昼食が待ち遠しい~~~

その結果⇒⇒⇒⇒⇒

特に効果はなし。思うに、こういうふうに薄毛対策を行っていけば結果が出るはずだと、計画を持って実行するなら、そのプロセスも無駄にならないと思うが、このように思いつきでやっても、得られるメリットはないな。

第4期42日目

あかん、最近、WiiUの昔なつかしのヴァーチャルコンソールから、スーパーメトロイドとか遊びで買って遊んでたら、手軽なのが災いして、先週は熱中してしまっていた。
また息子どもが、そういうアクションゲームをやたら好きなもんで、お父さんもついやってしまうという悪循環。
遊ぶのはいいが、睡眠時間を削ってはいかんいかん。

と、気合いを入れなおし、ここ2~3日は、規則正しく眠れるようになってきた。

もうひとつ、やはり、育毛生活を送るにおいて、これは良かった良くなかったと、ABテストを繰り返すことは当たり前なんだが、それを考えても、育毛手段はできるだけ1つに絞った方がその効果を測りやすい。
感覚レベルだが、ここ1か月、バイオスカルプエッセンスと、育毛剤リターミナルと併用していたが、それがあまりよくなかったように思う。
リターミナルが悪いというよりは、バイオスカルプエッセンスを毎日続けることは辞めない方がいいなと感じる。
たとえ、1日あたりの塗布量は少なくても、絶えず続ける方が薄毛の具合は悪くならないと感じるのだ。

つまり、1月~2月上旬ぐらいの間、バイオスカルプエッセンス、リターミナル、バイオスカルプエッセンス、リターミナルと、日々、交互に続けていると、10月~11月時より育毛効果は落ちているように思える。
感覚の話なので、断言はできないが、自分の直感で舵取りしないといけないのが、「育毛」だから。

第4期62日目

更新が久々になってしまったが、髪型を再び坊主にした。

【育毛をする上で坊主にするメリット】

・まず、育毛剤にしろ、育毛エッセンスにしろ、頭に塗布する量を髪が長い時に比べて、驚くほど少量で足りる。(バイオスカルプエッセンスでも、2倍ぐらい、量の差を感じる)
 なぜなら、髪が長いと、頭皮に浸透する前に、髪についてしまい、頭皮への浸透が阻害されてしまうが、坊主の場合は、その心配が基本的にない。
 高額な育毛エッセンスを使用する場合、この問題はかなり影響する。
 
 ※では、女性は損ではないか!?と思ってしまうかも知れないが、もともと薄毛は男性ホルモンに関与するところが大きいので、女性であるというだけで、
  薄毛にはなりにくい。だから、育毛エッセンスの効き目も、男性に比べれば、圧倒的に良くて当たり前なのだから、女性の髪が長いということはあまり問題にならないと思われる。

【育毛をする上で坊主にするデメリット】

・営業職や接客業など、職業によっては、そもそも坊主にはしにくい人は、業務の上で支障が出てくるの可能性がある。
・もてなくなる。たぶん、気のせいなのだが、本人はやはりそう思ってしまう。事実、私ももう少し若い頃は、坊主にして明らかに残念な目で見られたこともあるが、今はそんなことはない。
・夏場の紫外線。これは要注意である。髪にもやはり存在意義があり、頭皮を守るためにあるので、坊主だと夏の紫外線をもろにうけやすく、それが続くとあまりよろしくない。むれには気をつけて夏は帽子をかぶりましょう。
 一方、冬場の寒さは坊主だと、時にかなりこたえるが、慣れである。大したことはない。ニットをかぶるなど対策法もある。

第4期92日目

バイオスカルプエッセンスは使っているものの、最近、面倒くさくなってきて、イーポレーション・スカルプを使えていない日が多くなってきた。
どうしても、きちんと継続ができないなぁ。やっぱり成功するイメージが描けていないからじゃないかと思う。
ただの塗布だけだと、前頭部、後頭部を維持することはできても、M字克服はおそらくできない。
私が思う最強の敵、M字ハゲ。

それに、ちなんだ話で、最近、思うのが電車スマホ。もう絶対電車スマホしてるんだよな、今の大人は。本当に気持ち悪いぐらい、皆、スマホしてる。
そんな人はそうそういないと思うんだが、たぶん痴漢する奴とか、シメシメとか思ってるんじゃないだろうか。だって、みんな無防備すぎるし、あまりに周りに注意を向けられなくなっている。
私は大丈夫、まわりがよけてくれるでしょ、とか・・・意識そのものが低いんだと思うが、昨日もあったな、スマホしてるから、背中にゴツゴツ、スマホぶつけてくる奴。
こういうのしょっちゅうだと、ほんとトラブルになるよね。

で、そういうのは時代の流れみたいなもので、もうしょうがないわと思うしかないんだけど、これって薄毛問題にも、多分に影響あると感じる。視神経を酷使するので。
M字ハゲになりやすくなり、M字ハゲの人はよりM字ハゲの進行を推し進めてしまう。
どうしてって言われても、視神経を端末画面を見ると、M字の生え際のあたりから、栄養が行きわたらなくなり、結果薄毛が進行するということを、ゼネラチオンの施術で知ってからである。
また、自分自身、長くそれを実感しているからだ。

M字の原因は、そうじゃないよ!という説があるなら、本当はそっちにすがりたいぐらいだ。仕事柄、端末を見ることを少なくするとか、ありえないしね。ゲームも好きだし。
ただ、私はスマホには依存はしておらず、スマホゲームはしない。毛嫌いしているぐらいだ。あんなのはゲームじゃない、ただの時間泥棒だ。
ソーシャルゲーの業界は、うなぎのぼりに成長しているが、その成長が続けば続くほど、薄毛人口も増え続けるだろう。

第4期132日目

(画像は記事とは何の関係もありません。ただ、攻防というと、アムロとシャアのフェンシングの場面を思い出して・・・)

最近、なんだか真面目に更新していないし、この人、生え際が変わらないから、もう終わったんじゃないかと思われているかも知れないが、
実はこのごろ育毛に手ごたえを感じて、意気揚揚としているから、自分でもビックリである。

うん、これは誇張ではなく、イーポレーションの本来の使い方が2年以上もかかって、ようやくわかってきた感じがする。

(おそすぎるだろーーーーー怒怒怒怒)

まぁおそいとツッコまれても仕方がないのだが・・・・

皆もそうだと思うけど、育毛自体が難解なものという思い込みが、失敗したな!にすぐ同意させてしまう。
ここを決してあきらめず、絶えず、常識を覆そうという気持ちが重要なのだと思う。

実際、今、生え際がぼやけてきた感じがある。

は?と思うかも知れないが、毛って急にオラッて生えてこない訳で、もともと生えてる薄い毛が濃くなったり、よわよわしい毛が増えてきたり・・・
するので、生え際がぼかしが入ったような感じが広がって、徐々に実感が増す。そんな感じだろうと思う。
前頭部と、後頭部は、自分が気付かぬうちに、なんか普通になってたから、苦労した気がしないんだが、
生え際は本当に苦労してるので、細かい表現もいろいろ感じとれるのである。

今までも、成長しているのか、衰退しているのか、どっちかわからん生え際の攻防現象とかもよくあったし(今もその疑いが晴れた訳ではないが)。

第4期134日目

できるだけ早く寝て、睡眠時間をしっかり確保する!と何度も何度も決意して、そのたびに実行できていなかった。

もういい加減、ちゃんとやりたい。でも、なぜ、そこでつまづくのかを冷静に考えてみた。これは自分だけの問題じゃない。薄毛に悩む人もおそらく同種の悩みを抱えている気がする。
薄毛に悩む人は、睡眠時間が取れない、不規則な生活になってしまう、ストレス過多、不摂生など、何かしら毛髪の成長を妨げる要因を作っていることは言うまでもない。

原因があって、薄毛になっているのだ。

その中でも、「睡眠」は薄毛に関わる重要なファクターだ。薄毛に悩む人の多くは、睡眠時間が短いか、もしくは寝る時間に問題がある、そんな気がする。
睡眠には、時間だけでなく、質も問われる。要は22:00~2:00のゴールデンタイムで、できるだけその時間に睡眠をとることが望ましいが、これが最大級に難しいのだ。
現代人は忙しく、ストレスもたまる。子供のいる親も多いだろう。
そんな中で、22:00に寝ろ!?

小学生ならわかるが、中学生でもまだ寝ない時間だろう。
だが、寝た方がいいのだ。早く寝て、早く起きる。

前にこんな記事を見たことがある。子供(小学生ぐらいだったと思うが・・・)を早く寝かせて、5時に起きる癖をつけさせている家庭があるという。
まぁそれだけなら、そこまで驚くことじゃないが、朝5時に起きて、まず子供らにアイスクリームをたべさせるというのだ。
なぜかというと、冷たいものを食べるとシャキっとするからだそうな。
なるほど、で、何かに打ち込ませるという。

要は目的意識がちゃんとあれば、子供でも大人でも、早寝早起きはできるのだ。
で、ここからが本題だが、なぜ、早く寝れないのか?
それは・・・早く寝ると、せっかくの時間がなくなってしまうようで、もったいないと感じるからだろう。
本当はだらだら起きてる方が結果的にもったいないのだが。

だから、もったいなくないように、4時間半で寝て、早く起きて、時間を有効活用できるようになれば、すっと早く寝れるはずなのだ。
そこで、改めて、4時間半睡眠の本を読んでみた。この手の本は、もう何冊も読んでいるが、何回読もうが実行できなきゃクソなのだ。

いくらゴールデンタイムに寝た方がいいと言っても、今まで、22時とか、22時半とか、寝る時間が早すぎると
無理がたたって結局、できないで終わる。

だから、23時に寝て、3時半に起きる。

もう、四の五の言う必要はない。がんばるだけ!!!!!

第4期145日目

めざましい結果が得られるように、今、行っているイーポレーション・スカルプでの育毛法に加え、以下を実施することにした。

①ノコギリヤシのサプリ摂取を毎日続ける。
②お風呂前に必ず、ブラッシングを行う。
③洗髪はバイオヘアソープで行う。
④毎月の散髪ではバリカンではなく、カットで薄いところほど、かならずカットしてもらうようにする。

一番、大きなテコ入れは①だろう。
ノコギリヤシ。
栄養補助食品である。決め手になるかはわからないが、内から育毛を促進するものとして、FGF-7導入に
詳しい人に聞くと、サプリとしては、唯一をこの小林製薬のノコギリヤシを勧めてくれた。
私も、プロペシアなどのフィナステリドは副作用を恐れて、手を出すつもりはない。
でも、内なるところからの後押しが必要ではないかという気持ちが強く、
そうなると本来は、良い大豆を摂取するために、味噌、しょうゆにこだわるべきなのだが、
なかなか実践できないでいるので、手軽にできるノコギリヤシでいこうと決意。
ノコギリヤシでも、個人輸入とかも怪しいので、日本の小林製薬のものを2つ買った。

②は、基本だけど、自分はよく忘れるので、継続するようにしたい。

③は、ここの選択は悩んだものの、今使っている「頭皮中心主義」も、
なんとか分析というところで、成分がいまいちとあり、安いし、やっぱり駄目なのかなぁと
自信がなくなり、とりあえず4か月ほど、バイオヘアソープに戻そうと思う。
(いいとか悪いとかの根拠はそんなにない。直感である。だいたい10個買ったばっかりなんだけどな・・・う~ん)

IMG_20160606_080409

この育毛シャンプーはあくまで、マイナスの可能性を0にする程度の思惑である。
つまり、育毛生活の足をひっぱるようなシャンプーが多いので、その心配が最も少ないと判断した結果である。
バイオヘアソープも、これ1つでどうにかなるような代物ではない。

④は、ゼネラチオンのことを知らない人は、ちんぷんかんぷんだろうが、
やはり、髪に刺激を送り続けることが良い結果につながるという気がする。
だから、1000円カットはやめて、坊主にこだわらず、かならずハサミを入れてもらう。
薄いところほど、ハサミを入れてもらえるような、わがままを聞いてもらえるような散髪屋を見つけたい。
(これから見つけるところ)

第4期148日目

今日は白っぽいYシャツを着ているせいか、抜け毛が目立つ。
ここ3日間ぐらい、ブログの更新などもあり、2:00ぐらいまで起きていた。そのせいなのか?
もしかしたら、ノコギリヤシが・・・・。いやいやそれはない。栄養補助食品が助けになることはあっても、足を引っ張るというのは考えにくい。
やはり睡眠不足が如実に影響していると考えるのが自然だ。
普段は青系や赤系のYシャツが多いため、ただ、気づきにくいというだけなのかも知れないが、抜け毛の多い少ないは、あまり軽視しない方がいいという過去の経験からの勘が働く。
いくらブログを更新しなくては・・・と作業をしても、肝心の育毛の足を引っ張られてたのでは、本末転倒だ。
どうやったらいさぎよく寝れるのか。

第4期152日目

調子を取り戻しつつある

睡眠に関して問題があるというのは、私個人の最大の課題であるが、ここにきて、また調子を取り戻しつつある。それによって、頭髪にも力を感じる。

あいまいな書き方で恐縮だが、かつてゼネラチオンカットを受けて、1回の施術で、髪に力を感じたり、肩こりが全く感じなくなったり信じられない現象を目のあたりにした時にも、やはり髪に力が宿った感覚があった。
特に肩こりが0、全くない状態に変わったその時のことは今でもよく覚えている(過去の記事でも書いています)。故人となってしまった、カットしてくれたおっちゃんに二度と会えないのは、本当に残念である。

おっとつい昔を懐かしんでしまったが、髪の状態は悪くなく、また睡眠時間も、一説には0時~6時をコアタイムとする見方もあるみたいだ。
あまり、ゴールデンタイムを22時~2時と認識して、できないできないとマイナスに思うよりも、0時~6時にはしっかり寝れているのだから、髪の状態もどんどんよくなっていると、自分を鼓舞することも大事なのかなと思う。私はどちらかというと、マイナス思考型人間のため、そういうことも大事だろうと思う。

薄毛の悩みを抱えている人の傾向

ちなみに、私は現在も、美容・育毛に関する仕事についているので、育毛の悩みを抱えている人と直面することがよくあり、その育毛の悩みを抱えている人の傾向というのが、なんとなく似たものがあるなと感じることがある。

一番多いのは、几帳面すぎる人である。疑問も完璧に吐きだして、全て解消しないと前に進めない感じの人が、わりと多いなぁという気がする。まぁイメージなので、これは信憑性がどの程度なのかはわからないが、当たらずも遠からずだと思う。

イーポレーション・スカルプのパワーをより感じるようになってきた

それから、成果と言っていいのか、わからないが、生え際のところの、イーポレーション・スカルプのパワーが、いつも[10/12]のパワーで行っていたのが、きついように感じてきたので、[8/12]に下げるようにした。
それでも、十分パワーを感じることから、頭皮の状態はやわらかくなっているのかも知れない。経験から、全く何も感じない人は、頭皮がカッチカチで、かつ頭皮温度も低い。少し赤みもある人もいる。

つむじのあたりも、かなりスカルプのパワーを感じるようになってきたように思うが、つむじのあたりは、もとから、なかなか感じられない部位なので、あまり気にせん方がよいね。

第4期156日目

生え際については日々悪戦苦戦していることは、このブログを見てもらったらわかると思う。
ただ1つ疑問なのが、自分の取引先の社長がイーポレーション・スカルプミニと、FGF-7の育毛エッセンスを使うと、1か月ぐらいで毛が生えてきたと最近言ってきたことだ。
まぁこれは、機械とエッセンスを大手会社で取り扱ってもらえるように、まずはお偉いさんに使ってもらったという経緯からだが・・・。

本当か!?と思うが・・・

自分からはあまりにも立場の遠い人なので、その真相を確かめることはおそらく不可能である。話で聞くしかない。

他でも、わりと短期間で成果が出る人はちらほら聞く。成果が出ない場合、そういう人は、普通は特に何も言わないから、マイナスの情報が上がってこないとみなすべきだろうか。一般の育毛剤でもそれは同じことだろうが。

何が言いたいかというと、確かに私は不摂生かつ不規則な生活であるがゆえに、毛が生えてくる土壌が弱いと言えるが、それでも、イーポレーションシリーズと、FGF-7のエッセンスを使っていたら、もっと早く良い成果が出てもいいんじゃないかと思うわけだ。前頭部とつむじは、いいんだよ。問題は生え際。

もしかしたら、毛根が死んでるんじゃないかという疑問が生まれる

毛根(正しくは毛母細胞)が死滅、つまりは活動が完全になくなれば、もう毛は生えてこないということを聞いた記憶がある。それにちなんだことをネットで調べると、無責任な記述も多く、毛根が死滅したなら生えない! いいや死滅することは厳密にはなくまた復活する!・・・など。
いったいどっちが正解なのか、よくわからない。

自分の希望的観測も含めて言うと、毛根は完全死滅はしないが、毛根が活動を停止してしまえば、正しいケアをしていても、髪が生えてくるまでには何年も年月を要する、つまり、死んでいるようにみなされるという・・・・
ことだったらいいなぁ!と思っている。

なんという無責任な発言だ。

はい、とまぁよくわからない訳で、ちょっと調査が必要だな。然るべき人に聞くか、専門の書物で調べるかだ。
もしも、毛根が死滅すれば毛が生えないとわかれば、もうこの育毛生活も一旦、終止符を打とうと思う。だが、逆に毛根は死なない、復活がありえるとわかれば、続けざるを得ない。

どっちもどっちだな。

第4期160日目

毛包は死滅すれば、もう復活しないのか?この疑問をきっかけに、ここで「髪が薄くなる理論」と「髪を生やす方法」をきちんとまとめようと思う。今までも、似たようなことをしてきたが、どれも中途半端なので、気合いを入れてやりたい。ただ、ネットの情報は原則用いないようにしよう。理由は情報が不確かなものが多いからである。

と言う訳で、これから1~2週間は、今までの情報整理と、徹底的に本を読み返しを行うことにする。新たに理屈っぽい本も入手したが、わかりにくい。読みにくい。いや読みたくない・・・・(オイ)

第4期245日目

良質なたんぱく質を摂るために

今朝、おはよう朝日で、秋は抜け毛の季節というので?、抜け毛予防に、何が効くか?というコーナーがあった。
特に目新しい情報はなく、やはり主な対策としては、ミノキシジルとプロペシアというものであった。
食事に関しては、たんぱく質が重要で(自分も何が不足しているかというとコレなんだよな・・・)、特に牛もも肉、納豆がよいとのこと。
良質なたんぱく質を摂らないといけないということは事実だと思う。
http://www.asahi.co.jp/ohaasa/sat/backnum/20160917.html#updata_1

ただ、これは違うな~と思うこともある。
仕事上、私は薄毛の人とコミュニケーションを取ることがよくあり、共通点というか、傾向として、
そういう人は、すごく質問が細かい、細かすぎる。
神経質な人が多いと感じる。
だから、排水口に溜まった髪の毛をチェックなどは、わざわざ意識してしなくていいと思う。
服に髪の毛がよくついていることが多いとか、自然にわかることは多いので、
ショックを受けるようなことを毎日続けるとか、全く意味がない。
そんなに気になるなら、風呂場の鏡と、手鏡の2つでだいたいの薄毛チェックはできる。
確実なのは、定期的に写真を撮ればいいでしょ。

ところで、ここ3カ月、ブログを一切、UPできていなくて申し訳ありませんでした。
その期間、育毛を休んでいた訳ではなく、間隔がだいぶ空いたりしたものの、かろうじて続けてはいました。
でも、育毛に関するモチベーションがダダ下がりで、なんとなくダラダラしていました。

育毛には、ずっと好調であれば何も問題はないんだが、どうしても波がある。
今の薄毛対策法はこれであってるのかな?という悩みが常にある。
だが、育毛のBefore&Afterの写真の人の話を仕事の関係の人から、聞くことができ、
その人らは、本当に50過ぎ、60過ぎという年齢にも関わらず、ちゃんと2か月から、12カ月ぐらいの期間、
真面目に育毛に取り組み、成果を挙げているというのだ。

女性は結果が出やすいので、いいよなぁと写真を見ても、実はあまり共感できないのだが、
おじいちゃんぐらいの人が、成果を出してるのを見ると、ええっ!?となってしまう。
こんなじいちゃんにできて、自分にできないのっておかしいよな?って。

年齢は問わないと言われても、年齢が全く毛が生えることに関与していない訳がないのだ。
それは間違いない。
歳をとれば、絶対に再び生えるということが難しくなっていくのだ。
それは避けられないことだ。

でも60歳とか生えているのを見ると、
負けられん・・・・となりますな。

そのじいちゃんは、
1日、バイオスカルプエッセンスを2mLぐらい使用して、イーポレーションは、週3回程度。
ポレーションをしない日でも、やはりバイオスカルプエッセンスは、毎日使っていた様子。

ただ、バイオスカルプエッセンスは高いからな。ポレーションをしない日でも、仮に2mL使うとしたら、
きちんと続ければ、1ヶ月に、60mLが2本いる計算になる。
・・・・そんなにいるのかな?という気はしている。

今までの経験上、1日2mLと決めていても、気持ちのセーブがかかり、そこまでの量を使わないケースが多くなる。
だから、結果をなんとしても出すというなら、月2本以上ぐらいの気持ちがないとダメなのかも知れないが、
いきなりそこまでいかないなら、2か月で3本ぐらいでいいんじゃないかと思う。
自分は、まずそのペースで、仕切り直しをしたい。

もう1つ、お風呂のトリートメントとして、バイオヘアサプリを再び使おうと思う。
どうしても、1つの手段だけだと、不安要素が出てくる。
だから基本的に2~3の方法を並行して行い、育毛法を絞るのが望ましい。
シャンプー系は、基本、育毛にはならないのだが、このバイオヘアサプリは、クリームバスとして使え、
それにバイオヘアソープに比べて、固形物に近いので、頭につけたまま、10分ぐらいは放置できる。
そして浸透を図るというのだ。できたら15分ぐらい毎日つけて放置しておきたい。
バイオヘアサプリも2本買ったので、ガンガン使っていきたい。

あと、味噌としょうゆ。
これも買おう買おうと思っていて、できていなかったが、今日買う。
近くに素材にこだわった味噌を販売しているお店を見つけたので、しばらくそこでお世話になろうと思う。
それを買って、写真をUPしよう。

あと、前にノコギリヤシの小林製薬のサプリを摂っていたが、・・・・ちょっとわからない。
効果あるのかも知れないけど、1年ぐらい経たないとわからないと思うし、
これはちょっと離れようと思う。

第4期251日目

新たに思いついたこと

育毛ケアブログを何度も仕切り直しをすることには、またか・・・と自分でも情けなく思うものの、
しかし現実は厳しいとも思う。

だが、ここにきて、1つ新しい思いつきがある。
それは、いつも使っているコスパ結構するよなぁと最近、息切れ気味だったバイオスカルプエッセンスを、
30mLの容器に入れ替えて使うということだ!

詰め替えるだけ?何を言ってるんだと思う方もいるかと思うが、
まず、この60mLの容器って、スポイドで吸って出す分、最後の方が使いにくいし、一回あたり0.9mLも使うので、
1回あたり、ちょっと使いすぎなんじゃないかと思っていて、それを解消するのが、
この30mL容器に移し替えるということだ。

こっちは、30mLで、FGF-7が15マイクログラム配合なので、FGF-7の量では、圧倒的に60mLの方が良い。
だけど、30mLの容器はプッシュ式で、1回あたり、0.2mLしか出ないので、節約ができて、かつ使いやすい。
だから、こっちにしようというもの。

30mLのエッセンスの方が少しトロミがあって、60mLのバイオスカルプエッセンスとは、少し違う(同一ではないのは確か)。
成分は比べると全く一緒だが、成分の配合とか製法が微妙に違うんだと思う。
このトロミって結構重要で、たれにくいから、30mLの方がええわ!という人も、中にはいるんだと思うが、
育毛面では、30mLを選択するということは、基本的にありえないと思っている。

よし、これで、朝も少しだけという時も使えるし、
常にエッセンスをプシュプシュやって、FGF-7を浴びるように?使えるかも知れない。

第4期最終日

悪いニュースである。
昨日、自分の頭髪をつむじのところを見て、愕然とした。
つむじも回復したから、あとはM字に注力していれば、いずれ薄いところも回復するだろう・・・・と呑気に構え、その育毛ケア自体もおろそかになっていた最近、発覚した事実である。
hair20161117_01

hair20161117_02

・・・・鏡を見てちょっとやばいなと感じたのは本当である。
(薄毛もそうだが、白髪もさらに増えたな。もともと白髪は同年代と比べ多い方なので、気にしないと公言していたが、ちょっと・・・今回は無視できない写真である)

そうなのだ。5年ほど前、育毛に取り組む前は、かなり薄毛が進行していた。つまり放置すれば、どんどんその状態に戻るし、悪化するのだ。根本的な生活を変えない限り・・・・。

おまけに副作用の苦い経験から、薬を飲むことは遠ざかっているため、育毛対策がきちんと進んでいなければ、いつ薄毛の状態が悪化するか、それはわかりきっていたことである。薬や、育毛剤、育毛エッセンスを取りそろえても、自分の行動がいい加減であれば、薄毛はいつでも発動する。

何がいけなかったのか・・・

まず、イーポレーション・スカルプと、バイオスカルプエッセンスの塗布してのケアは、最近は確かにこれも1~2週間に1回とかになっていた。面倒くさく感じているのか、普通に塗布するばっかりになってしまっていた。
それでもM字は容易には回復する兆しすら見れないため、育毛に対するモチベーションがいっこうに上がらなかった。
コストもかかるし、だんだんと放置状態へと進んでいっていたのだ。

その今、問題と思っているつむじへの処置も、たま~に塗布をしていた程度なので、ノーマークに近かったとも言える。

コストの問題も無視はできない。エッセンスが高いから、やはり何の考えもなしに、朝晩ガスガス使い続けるというのも、少し無理があるのだ。私はただのサラリーマンだしな。

バイオヘアサプリも、もうなくなり、特に目新しい効果は感じられなかった。

あの薬用育毛剤リターミナルに、もう一度、賭けてみようか

育毛剤というと、いろんな育毛剤がある。リアップなど、副作用の考えられるものは御免なので、安全でかつ、ある程度、期待のできるものという点では、リターミナルが良いかも知れない。
効果云々で言えば、FGF-7よりも劣るとは思うが、コストパフォーマンスが良く、かつこれを製造・販売しているバイオリンク販売というところは、とにかく商品の質にこだわるので、特に安全面では心配はいらないと思う。
効果も、コスパがいいところを考えて、朝晩、とにかく使い倒す作戦でいこうかと思う。裏付けされたデータもあるらしいが、私の営業ルートから、この臨床実験データでは、朝晩2回、1日2mL使っていたということまではわかっている。
ということは、1本100mLだから、50日間で1本使う計算か。
年間で言えば7本。年間49000円。これなら、あまり負担に感じることなく、やれるかも知れないな。

ただ、これだけでは絶対にダメなのだ。
この数カ月の失敗から、生活の質そのものも見直さなくてはいけない。

育毛生活におけるダメだったと思えること

睡眠時間がいい加減すぎる

 これは基本なのだが、本当にいつまで経っても治らない。きっと今回のでも、なおらないだろう。だが、努力はしよう。
 23:30~4:00までの睡眠とすることを目標としたい。とにかく23:30に寝る。
 それまではパソコンやスマホは使わない勉強や娯楽、そして軽い運動をする。

運動を全くしていない→肩こりがひどい

 実は、この数カ月の失敗で一番効いているのはコレではないかと思っている。肩のコリがとにかくひどい。しかも夫婦関係が最悪で最近はマッサージも全くしてもらえない。息子らのマッサージも期待できない。マッサージ屋にいくか、運動をするかである。
 マッサージ屋も、気分転換にはいいかも知れないが、続くものではない。
 やはり運動だ。幸い、ティップネスから、2週間2000円キャンペーン(今もやってるかな?)を来てたし、これに便乗して、(契約はしないけど)運動量をあげ、テニスを再開しよう!

良い味噌の摂取を続ける

 これは一回、味噌をちゃんと買ったものの、そこでまた満足してしまって、終わっている。ダメダメ。ちゃんと続けよう。

ということで、これより新たなシーズンとする

その名も「育毛剤+生活改善(第5期)」としたい。
はぁ~、今度こそ何かいいことあればいいんだけど。

それと、前もって言っておくと、これでM字のハゲは解決しない。その難しさは今までのケアでよくわかったので、ここは焦らず対処したい。また、ちょっと基本生活の改善と絡めて、ゼネラチオンのカウンセリングと、バイオヘアテックのスカルプ体験にも足を運んでみようと思う。

これはちょっとした情報収集である。

関連記事

  1. 生え際、気にして悪いのかーー

    シャンプーをやめてみる(第5期まとめ)

  2. 生活改善+FGF7+リターミナル

    生活改善+リターミナル+FGF-7(第6期)

  3. フィナステリド+豆腐+トウガラシ生活

    新たに「フィンペシア服用+豆腐&トウガラシ」生活を始める(第7期)

  4. 第3期ブログのはじめ

    FGF-7を3ヶ月、毎日2μg導入 – (第3期まとめ)

  5. イーポレーション・スカルプミニ登場

    満を持して、イーポレーション・スカルプミニ登場(第2期まとめ)

  6. 育毛ブログはじめの頭髪写真

    今の自分の薄毛の状態を撮影しておく(第1期まとめ)

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

  1. ブログを読ませて頂きました。色々なことを試されていて、薄毛の人に勇気を与えてくださるブログを作って頂いてありがとうございます!!!

    私も、薄毛で悩んだ経験があり色々試してきました。
    今、とてもいい方法に出会い、自信がなかった薄毛の時代から解放されることができました。毎日が楽しいです!
    嬉しすぎて、この経験を同じお悩みを抱えてらっしゃる方にお伝えしたく、コメントさせていただきました。

    もし、気になりましたらメール頂けますと幸いです!

    ご迷惑でしたら、申し訳ありません。

      • hagestop
      • 2016年 11月 21日

      どんな方法で、育毛されてるんですか?
      実のところ、私は今まで、自分で試している方法なら、絶対薄毛を克服できると自信ありありでした。
      ところが、M字を克服するシーズン半ばごろから、かなりヘコンでおり、今も新たな施策を立てなければ、このまま沈んでしまいそうな、リアルにピンチな状態です。普通に老いかな・・・とも。
      薬は依然ノーサンキューですが、今はいろんな方法ありかなと思ってます。何でもおっしゃってください。
      せっかくなので、投稿で書いてもらってもいいですよ~

*

PAGE TOP

育毛・発毛に関する本

「育毛物語 – 実録潜入ルポ」を読んだ感想

ハゲを治すぞブログ

満を持して、イーポレーション・スカルプミニ登場(第2期まとめ)

イーポレーション・スカルプミニ登場

ハゲを治すぞブログ

FGF-7を3ヶ月、毎日2μg導入 – (第3期まとめ)

第3期ブログのはじめ

薄毛・抜け毛に良い食品

毛髪に良い食品として、味噌としょうゆを外してはいけない

ハゲを治すぞブログ

今の自分の薄毛の状態を撮影しておく(第1期まとめ)

育毛ブログはじめの頭髪写真